ブランド買取の歴史

ブランド買取の歴史
ブランド買取の歴史は、現在でこそさまざまな業種が参入していますが、昔は質屋が主流でした。そのため、ブランド買取の歴史を紐解くには、質屋の歴史を振り返る必要があります。

その質屋の原形が誕生したのは、日本だとなんと700年以上前です。時代でいうと鎌倉時代に相当します。このころになると、貨幣経済も発達してきたことから、手っ取り早く物品を担保に金銭を得る手段として、質屋が誕生したと思われます。

地方の有力者などが領民に対して物品を担保に金銭を貸付していたのを、当時はまだ質屋という呼び方はなく、『土倉(とくら)』と呼んでいたそうです。これは、担保にされた物品を保管する場所として、土蔵を建てていたことを名前の由来とするそうです。

その後、室町時代には庶民のための金融機関として定着し、江戸時代に入ると土倉は爆発的に増加しました。そして『質屋取締令』という法令が施行されたことにより、現在の質屋という呼び方が定着しました。

江戸時代には質屋にまつわる落語の小噺などにも登場することから、一般の人にとっても身近なものであったのでしょう。そこから江戸時代が終わり、第二次世界大戦後になると消費者金融の登場などにより、質屋の数は激減してしまいます。

消費者金融は担保となる物品が不要でお金を貸してくれるため、質屋も時代の流れに応じて変化を求められるようになりました。そこで、質屋も質流れ品を小売するようになり、ディスカウントタイプの店へと業務形態を変化させ、ブランド品などの買い取りを積極的に行うようになりました。

現在のディスカウントタイプの店も、前身は質屋だった店もあります。 更に最近ではインターネットだけで買い取り業務を終わらせる店もあります。このように、ブランド買取はその時代に応じて、変化を繰り返して来たのです。