買い取るまでの流れ

買い取るまでの流れ
ブランドを買い取るといっても、どのような流れで査定し、買取額を決定しているのかはピンと来ないと思います。そこで、ここではひとつのブランド品を買い取るまでの流れを紹介したいと思います。
なお、ここで紹介するのはあくまで一例であるため、すべての店が同じ流れであるとは限らないことをご承知下さい。 実は、ブランド買取に関しては宝石鑑定士のような資格が存在しないため、宝石買取のときの審査は鑑定といいますが、ブランド買取のときの審査は査定といいます。なぜ資格が存在しないのかと言いますと、ブランドフォルダーという人の存在です。
この人しか真贋を判断する法的権利を持っていないため、どんなに査定の経験を積んだスタッフでも本物あるいは偽物と断言することができません。
そこで、本物と偽物のブランドを見分けるポイントを踏まえ、本物かどうかを判断してから査定の本番です。いくつかポイントがあり、まずはブランド品自体の相場価格から状態をみて、ブランド品の製造番号を確認します。
相場価格は常に変動するため、昨日までは高額買取していたのに、今日になって急に安くなったということも十分あり得ます。そこから手入れ具合、使用感、第一印象などをチェックし、傷や汚れなどによって減点していく方式が基本です。これらの総合点でランク付けして、買取価格を提示することになります。
以上が、ブランド品を買い取るまでの流れになります。なお、出張買取の場合はスタッフの出張費や人件費も入る場合があるため、店頭買取よりも多少安くなることもあります。これは店によってルールが異なることもあるため、詳しくは店のホームページや、直接店に確認してみるのも良いでしょう。